· 

第3回あかしあ地域内交通検討会の開催


    新型コロナの感染拡大の影響で延期されていた第3回あかしあ地域内交通検討会が2ヶ月遅れの3月13日(土)にあかしあ台コミュニティハウスでメンバー19名が参加して行われました。今回のテーマは、「フィールド学習の報告と意見交換」、「地域内交通にかかわる地域の足の支え方-活用したい仕組みと事例-の学習」、「交通行動調査の取組み」についてでした。今回は、フィールド学習を「ウッディタウン内の路線バス運行の実情調査」としたことから三田市に加え神姫バスにも参加して頂きました。 

(1)フィールド学習の報告と意見交換 

 班毎にフィールド学習(Ⅰ班:城山公園方面、Ⅱ班:イオン三田ウッディタウン店方面、Ⅲ班:まほろば方面、Ⅳ班:南ウッディタウン駅方面)の報告があり、感想や課題について神姫バスと意見交換が行われました。その中で浮き彫りになったのは、現在のウッディタウン内の殆ど全てのバス路線がJR新三田方面に向かっており、地域内で移動するには、時間とお金をかけて乗り継ぐことが必要で行きたいところに直接つながっていないこと。乗り継ぐにしても乗り継ぎ案内サービスが不足しており使いづらく分りにくいものであったということでした。このようなバス移動の現状に対して、神姫バスからは地域の移動ニーズについて地域と一緒に考えて対応していきたいとの意向が示されました。地域とバス事業者及び行政が同じ場で意見交換し、現状のウッディタウン地域内のバス移動の実情について認識が深められ大変有意義なものでした。

ダウンロード
第3回地域内交通検討会(フィールド学習振り返り).pdf
PDFファイル 370.4 KB

(2)地域内交通の学習

  ()グローカル交流推進機構の田中アドバイザーより、「地域の足の支え方-活用したい仕組みとその事例-」と題して、地域内交通を考えていく上で必要となる考え方・制度・事例についての解説がありました。主な内容は、➀移動が不便とはどういうこと、➁お困りごとについてどのように捉えれば良いか、➂お困りごとをどうやって解決するか、➃地域主体型交通ってどういうこと、➄近隣の先進事例 について、分かり易く解説頂きました。


ダウンロード
第3回地域内交通検討会(地域内交通の学習).pdf
PDFファイル 227.6 KB

 

(3)交通行動調査の取組

ウッディタウン内の日常の交通行動調査(買い物や通院など)を目的として、アンケート調査を行いたい旨の提案が事務局よりあり、事前に出されていた改善意見などに対する対応方針を確認したのち異議なく実施することが承認されました。概要は次の通りです。

ⅰ)目的 あかしあ台小学区内で暮らしやすい地域内交通環境のあり方の検討に資する。

ⅱ)調査対象 あかしあ台小学校区の住民

ⅲ)調査方法 

  ・配布:交通行動調査票(依頼文、返却用封筒含む)を自治会ルートにて全戸に配布する。但し、自治会員の少ない地区(マンション等)は別途まち協組織にて補完的に配布する。約3,100部。

・回収:記載済みの調査用紙を返却用封筒にて自治会ルートで回収する。但し、自治会員の少ない地区は返却先を個別指定する。

ⅳ)実施期間 令和3年4月1日頃~4月15日まで

ⅴ)概略スケジュール

・令和33月末日 交通行動調査票配布

・令和34月15日(木) 指定先(班長宅など)への返却締切日

・令和3年4月末日 まち協地域内交通検討会事務所への返却締切日

・令和36月頃  地域内検討会に調査結果報告

(4)今後の進め方

  新型コロナウィルスの感染拡大に伴う遅延により、当面、次年度6月まで延期する。次回の検討会を5月16日(日)とする。最終を6月12日(土)とする。それ以降については、進展を見て検討する。ということになりました。


第2回あかしあ地域内交通検討会の開催


 12月12日(土)、前回同様に住民19名が参加し2回目の地域内交通検討会が行われました。

 今回は、4班に分かれて、ウッディタウンあかしあ台小学校区周辺の公共交通(バス、鉄道)の状況について実地調査しました。

 Ⅰ班は城山公園方面、Ⅱ班はイオン三田ウッディタウン店方面、Ⅲ班はカルチャタウン(まほろば)方面、Ⅳ班は南ウッディタウン方面を担当しました。

 あかしあ台コミュニティハウスからのスタートで、バスの便数はかなりあるのですが、目的地にはどこに行くにも乗換えが必要でした。どの班も乗換えには苦労があったようです。

 次回3回目は、神姫バスとの意見交換が予定されています。どのようにすれば、バスが利用しやすくなるかなど話し合うことになっています。次回の予定は、来年1月16日(土)です。

(備考)写真は、Ⅳ班の乗換地点中央公園前バス停です。南ウッディタウン駅に行く1つのコースはここでの乗り換えることになります。現状は、道路横断が必要で且つ待合場所もありませんでした。 

ダウンロード
第2回フィールド学習各班計画書.pdf
PDFファイル 48.1 KB
ダウンロード
第2回地域内交通検討会開催報告(R2.12.12).pdf
PDFファイル 151.6 KB


第1回あかしあ地域内交通検討会の開催


 11月21日(土)、住民19名が参加し、三田市の地域内交通支援プログラムによる支援を受けた「あかしあ地域内交通検討会」が、コミュニティハウスで開催されました。

 本検討会は、高齢化による運転免許証の返還などに伴い自動車を主とする今まで通りの移動手段のもとで生活することが難しくなってきつつあることを踏まえて、公共交通の見直しとともに新たな交通手段の導入も視野に入れた地域内交通のあり方について考えることを目的としています。

 今回第1回目は、三田市交通まちづくり課高寺課長による「三田市の交通の現状と未来像」について学習しました。この中で、あかしあ台小校区の存するウッディタウンは公共交通の便数でみると他地区と較べて格段に充実している、しかし、「ルート」、「ダイヤ(時間)」、「乗継性」が適合しているとは言えず改善の余地があるとの指摘が印象に残りました。次回は、こういった指摘の検証やその対策などを含めて実際に目的地まで移動しながら交通について考えるフィールド学習を行う予定です。

三田市交通まちづくり課高寺課長による「三田市の交通の現状と未来像」についての講義内容は、左のビデオをご覧ください。

ダウンロード
第1回地域内交通検討会開催報告(R21121).pdf
PDFファイル 243.4 KB